2014/04/06 上級ウェブ解析士認定講座

今日は猛暑。

------------------------------------------------------------+
[上級ウェブ解析士認定講座 一日目]
------------------------------------------------------------+
日時:2014年4月06日(日) 12時15分~18時15分
場所:梅田 CEPIO 大阪本校
講師:亀井耕二
受講:2名
資料:
1) 上級ウェブ解析士講座_亀井
2) 上級_Day1_時間配分表
3) 上級ウェブ解析士講座1解答集
4) 上級_Day1_アジェンダ

5) 要点解説と確認問題(亀井オリジナル資料)

 

★アンケート結果(5段階評価 最高5点、最低1点)
1 本日の講義内容 5点:2 4点:0 3点:0 2点:0 1点:0
2 講師について   5点:2 4点:0 3点:0 2点:0 1点:0
3 理解度         5点:2 4点:0 3点:0 2点:0 1点:0

講座の風景
講座の風景

------------------------------------------------------------+
実施タイムテーブル
------------------------------------------------------------+

12:15 資格取得のプロセス
    DAY1 目次
    1.ウェブ解析戦略立案
    1-1.現状解析
    【演習】フレームワークの活用
    コミュニケーション設計
    定性的な情報収集
    ペルソナと基本属性

    コミュニケーションデザイン

    コンセプトダイヤグラム

    プロジェクトフォーラム
    ウェブマーケティング解析
    1-2.ビジネスモデル把握と新規施策
    新規施策の設定
13:08 休憩

13:15 1-3. KPIの設定
    4つのサイト目的によるKPI例
    KPIを抽出する3つの視点
    ユーザー視点でのKPI抽出
    自社視点のKPI抽出

    組織視点のKPI抽出
    基本的なウェブ解析の設計

    高度なウェブ解析と設計
14:23 休憩
14:30 1-5.計画立案で必要な3つの精算方法
    1.売上げから逆算する方法
    【演習】リスティング予算を立てる
    分析で欠かせないセグメント
    【演習】セグメント現状把握
    【演習】リスティング予算と改善効果
    ウェブマーケティング計画作成
    2.収益から算出する
    【演習】販促収支達成の広告費用
    【演習】事業収支達成の広告費用
15:47 休憩

16:00 3.上限CPAを算出する方法
    【演習】お試し商品購入メルマガにかけるコスト
    時系列分析とコメント記述
    2-1.レポートの設計
    2-2.解析タイムスケジュールの作り方
    カレンダー例
    日次チェックで見るべきポイント
    日次観測の補助機能を活用する
    週次チェックで見るべきポイント
    月次チェックでまとめるポイント
    2-3.時系列分析3つの視点
    日別分析6つのポイント
    時間帯分析を使いこなすポイント
    【演習】時間帯分析で読み解く
    2-4.コメントの書き方【最重要】
17:06 休憩
17:09 日別・時間帯分析演習
   【演習】5月時系列分析コメント
   【演習】5月時間帯分析コメント
   【演習】6月時系列分析コメント
   【演習】6月時間別分析ポイント
    課題試験レポート1
    課題試験レポート1提出要領
    課題試験レポート2
    課題試験レポート2提出要領
17:45  講座終了

 

メモ

[1] 上級の新課程の内容はハードだった。
 4月から改正された新上級ウェブ解析士講座。

 より実践的に強化された。今まで以上にハードな内容になった。

 教える方も大変だ。


[2] 「要点解説と確認問題」を増強した。

 この時間で説明を尽くすのは無理だ。

 スライドだけで90枚近くもある。説明に1枚5分かけたとして450分。

 7時間半。4分ならちょうど6時間だ。休憩もあるし、そうなると5時間では無理。

 実践経験のない方にはちょっときつい講座になるだろう。
[3] しかし、課題レポートや修了レポートは役に立つだろう

 講座で必須の課題レポートと修了レポート。

 かなりハードな内容担っている。

 これを仕上げるのでも大変だ。しかし、仕上げてみればきっと役に立つ。

 そんな内容のレポートだ。

 これからは、講座の内容を伝えるというよりは、レポート指導にシフトしていくだろう。

 

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

スタッフブログ