その手があったか!

先日、ある中小企業の新人採用の話を聞く機会がありました。今年の採用はどうでしたか?2人?けっこう優秀な人材がとれた?それはよかったですねえ。まだまだ、買い手市場やから優秀な人材を集めやすいですね。3月から新人研修を始めるんですか。まだ、学生さんでしょ。今年の新人研修はキャンプ場を利用して共同生活を体験させます。そこに会社の先輩社員も参加するんですよ。オリエンテーリングだとか釣りだとかアウトドア活動を通してチームワークを作り上げるんですわ。いち早く会社に溶け込んでもらうのと同時に連帯感を向上させて戦力になってもらうのが狙いだとか。短期間だけどけっこう効果があるらしい。なるほどね。ん? 話の途中で新人が6~7名も登場してくることに気がついた。あれっ、2人じゃなかったんですか?そうなんですよ。実はね、私とこと取引関係のある会社と合同で新人研修やるんですわ。どの会社も中小企業でしょ。新人採用も1人か2人。だから、いっしょにやったほうが研修プログラムも組みやすい。人数も多いと勢いがあって新人も楽しいみたいですしね。それに、経費の面でもメリットがあります。各社の負担が軽くなる。これからは、私とこのような中小企業はお互いが支え合って企業活動を展開していかんと生き残れませんからね。弊社が音頭とって研修の企画をしてます。考えてみると、これは上手いやり方だ。新人同士がコミュニケーションを持つことで精神的な支えになるかもしれない。なによりも、会社間の連携(異業種交流)が新人時代から醸成される。将来、彼らが会社の中心を担う時が来る。その時には、新人研修を通じて知りあった人達との交流経験が生きるに違いない。「同じ釜の飯」を食った仲間…。あっ、その手があったか!この会社はウェブ制作会社。将来のビジネスの布石を今から打っている。したたかな戦略に脱帽。

その手があったか!

ウェブ解析士マスターの亀井耕二です。

先日、ある中小企業の新人採用の話を聞く機会がありました。

 今年の採用はどうでしたか?
2人?けっこう優秀な人材がとれた?
それはよかったですねえ。

まだまだ、買い手市場やから優秀な人材を集めやすいですね。

3月から新人研修を始めるんですか。まだ、学生さんでしょ。

今年の新人研修はキャンプ場を利用して共同生活を体験させます。
そこに会社の先輩社員も参加するんですよ。


オリエンテーリングだとか釣りだとかアウトドア活動を通してチームワークを作り上げるんですわ。
いち早く会社に溶け込んでもらうのと同時に連帯感を向上させて戦力になってもらうのが狙いだとか。

短期間だけどけっこう効果があるらしい。

なるほどね。

ん? 話の途中で新人が6~7名も登場してくることに気がついた。

あれっ、2人じゃなかったんですか?

そうなんですよ。
実はね、私とこと取引関係のある会社と合同で新人研修やるんですわ。
どの会社も中小企業でしょ。新人採用も1人か2人。

だから、いっしょにやったほうが研修プログラムも組みやすい。
人数も多いと勢いがあって新人も楽しいみたいですしね。
それに、経費の面でもメリットがあります。各社の負担が軽くなる。


これからは、私とこのような中小企業はお互いが支え合って企業活動を展開していかんと生き残れませんからね。
弊社が音頭とって研修の企画をしてます。


考えてみると、これは上手いやり方だ。


新人同士がコミュニケーションを持つことで精神的な支えになるかもしれない。
なによりも、会社間の連携(異業種交流)が新人時代から醸成される。


将来、彼らが会社の中心を担う時が来る。
その時には、新人研修を通じて知りあった人達との交流経験が生きるに違いない。

「同じ釜の飯」を食った仲間…。

あっ、その手があったか!

この会社はウェブ制作会社。
将来のビジネスの布石を今から打っている。

したたかな戦略に脱帽。

営業トークは大丈夫?

ウェブ解析士マスターの亀井耕二です。

日銀の白川総裁が辞任されたので、彼に似ているという私の「つかみネタ」には使えなくなりました。…ちょっと残念です。

先日、私がサポートしているサイトについて、営業のセールス電話を受けました。

「あのう、ご担当者さまでしょうか?」

「はい、そうですが。」

「いま、お時間よろしいでしょうか?」

「はい、ご用件は?」

「はい。弊社では、御社のサイトに訪問しているユーザーさまの足取りをフォローしてですね。どこの会社から来ているかを見つけて、御社のプロモーションにつなげるお手伝いをさせていただいております。」

へえー。ミクロ分析やん!。

なぜか、上級ウェブ解析士から電話をもらったようで嬉しくなった。

こういうアプローチしてくるんや。 「足どり」とは 上手いこと言う。

今後の効果ある「営業トーク」のために参考までに聞いておくことにした。

「ほほう。それって、アクセス解析かなにかですか?」(と、聞いてみた)

「いいえ。弊社では御社のサイトへの訪問したお客様の足取りから会社を特定して御社のプロモーションをお手伝いさせていただいております。」

ん?さっきと同じトークやん。

ちょっと、専門的な質問をしてみよう。

「ということは、ユーザーのIPアドレスから組織名とかを逆引きするんですね。」

「いいえ、あくまでもお客様の足取りを特定します。そしてですね。….云々。」

長々とした説明がつづいた。

でも、私の質問には答えていない。

会社をもう一度確認しておくことにした。

「失礼ですが、御社のお名前をもう一度お願いします。」

「はい。弊社は○○にある○○と申します。」

素早く検索してその会社のサイト表示させてみる。

ウェブ制作会社だ。

ヤフー広告の正規代理店だとか、数々のコンサルテーションの実績がどうとかのコンテンツが盛りだくさん。

きれいに作ってる。腕前は平均といったところか。

いかにも「切れます!」モードのやり手のウェブマーケッターが爽やかな顔写真とともに紹介されている。

ウェブプロモーションについてのうんちくも語られている。

その中に、アクセス解析ツールの販売というのを見つけた。

これかな。

「いま、御社のサイトを表示させました。なかなか立派なサイトですね。」

「あ、ありがとうございます。」(ちょっと、動揺したような)

「このツールの販売の案内ですか?」

「いいえ。あくまでもお客様の足取りを…云々。」

ははあ、テレマーケティングやな。

この会社の人ではなさそうだ。

でも、念のため確認しとこ。

「ユーザーの会社がわかると、私のところでどんないいことがあるんですか?」

「はい。お客様が特定できますと御社の販売プロモーションが効果的に展開できます。私どもでは、….。」

やはり、同じような長々とした説明がつづいた。

あんた。やっぱり、うちのサイト、見てへんな。 ←と関西弁の突っ込み

それはあかんで! ←とさらなるトドメの関西弁の突っ込み

管理するサイトはなにも販売もしていなければプロモーションもしていない。

企業イメージの広報(IR等)が目的のサイトなのだ。

そろそろ、電話をおしまいにする時間がきた。

「残念ですが、御社と同じツールをね、すでに購入してるんですよ。」(と、言ってみた)

「えっ、購入されておられるんですか。いつ頃からご導入されているのでしょう?」

「つい最近です。せっかく、ご案内していただいたのにすみません。」

「そうですか。わかりました。念のため、ご担当者さまのお名前をもう一度いただけますか?」

テレマーケティングでは、電話口の相手の名前を記録することになっているらしい。

有益な話を聞かせてもらったので名乗ることにした。

これで、彼女の実績が一つ増えたわけだ。

もう少し話を聞きたかったがあれ以上の話はないだろう。

そして、同時に。

この会社は私から確実に信用を失ったわけだ。

それどころか、しばらくは同じ話を私の口から何十人にもすることになる。

マイナスの影響はもう少し大きくなるかもしれない。

(営業トークの失敗例として話をするだけで私に悪意はないので念のため)

ちなみに、この会社にはウェブ解析士はいないようだ。

でも、笑ってはいられない。

こういう勧誘が増えると、

「アクセス解析=なんかあやしい」となり、

「アクセス解析=ウェブ解析士」というようなよく区別がつかないという意識のもとで、

「ウェブ解析士=なんかあやしい」ともなりかねない。

みなさんの会社。営業トーク大丈夫ですか?

上級ウェブ解析士の目線とは -後編

さて、前回からの続きです。
「うぇぶかいせきし」の後半です。

5.「い」イノベーションに目配りをする
 解析ツールや手法はどんどん進化していきます。
 これらの動向にはつねに目配りしていなければなりません。
 いままで面倒くさい方法でKPIを評価していたけど、このツールを使えば一発で出来る!
 なんてこともあるかもしれません。
 あるいは、ファーストクリックモデルの評価が簡単にできるようになった!等。
 常に調査は怠らないようにしましょう。一夜にして分析方法が変わるかもしれません。

6.「せ」成果を重視する
 ついついサイト改善に目が行きがちです。
 しかし、講座でも何度も確認したように「事業の成果」がなにより重要です。
 常に、事業の成果とはなにかということを振り返りましょう。
 いつのまにか、経営者からサイトのコスト削減を重点的に実施してくれっていうような要望を受けていないか注意しましょう。
コスト削減がメインになるってことは、もうサイトの目標が達成されていないよっていうシグナルです。
 あなた自身の提案が、「事業の成果」から大きくそれていないかをチェックしましょう。

7.「き」競合を意識する
 競合も創意工夫のもと日々改善しているはずです。
 自分だけが正しく改善していると思っていたら大間違いです。
 相手もまたこちらを研究しているかもしれません。
 せっかく、相手との間を詰めても離されようとしている。気がついたときには…。
 定期的にチェックするようにしましょう。

8.「し」視点を変える
 どうしてもウェブ解析に手詰まりを感じたら…。
 今までどおりのやり方でよいのか自問自答しましょう。
 なかなか固定観念は変わらないものです。

 そこで、ブルーオーシャン戦略を思い出してください。
 市場を越えて視点を変えてみれば、なにか見えてくるモノがあるかもしれませんよ。

どうでしたか?「うぇぶかいせきし」の8つのポイント。

これ以外にも大切な項目があると思います。
行き詰まったときには基本に戻ってみることが大事ですね。

上級ウェブ解析士の目線とは -前編

ウェブ解析に関わるようになるといろいろなサイトの計画や改善を提案するようになりますね。
でも、一回で劇的に改善するなんてことはめったにありません。
コツコツと取り組むしかないのです。そして、時には行き詰まったりすることもあるでしょう。
そんなとき、私は次の「うぇぶかいせきし」を思い出すようにしています。

今回はそれらの8つのポイントをご紹介しましょう。

1.「う」ウオンツを意識にする
 ウオンツとは人間が本来持っている欲求のことです。
 それらのウォンツをどのように引き出して、その欲望に答えていくかという視線が重要です。

 例えば、「体力がないけどジョギングを楽しみたい」と言う場合は「ウォンツ」。
 一方「足に負担をかけないジョギングシューズがほしい」は「ニーズ」です。
 あなたが対象とするサイトの根本を見つめ直すときには、この「ウォンツ」を意識してみましょう。

 訴求点を考えるときに、ウォンツからユーザーが気付いていないニーズを発見できるかもしれません。

2.「え」エンドユーザー目線を忘れない
 ついついエンドユーザーのことを忘れてしまいがちになるものです。
 制作者側の勝手な思い込みでデザインしてしまわないようにしないといけません。
 エンドユーザーの立場といっても、いろいろなエンドユーザーがいます。
 男性、女性、子供、青年、大人。考えられるエンドユーザーのプロファイルを意識しましょう。

 最近、あるウェブアプリを改変しました。
 文字サイズを15ポイントから18ポイントに変更しただけです。
 すると、ユーザーから今度のアプリはすごく良くなったというご意見がありました。
 文字サイズを大きくしただけなのに…。複雑な気持ちでした。

3.「ぶ」ブランドを伝えることを意識する
 あなたが分析しようとするサイトにはブランドがあります。
 ブランドとは知名度ではなくて販売しようとするモノやサービスなどの価値そのもののことです。
 なぜ、その広告コピーなのか。なぜ、その写真なのか。

 ブランドをユーザーに「伝える」という観点から検討しましょう。
 こちらが必死で考えた説明やコピーでも、ユーザーには秒殺されてしまいます。
 本当に、「伝える」ってことは難しいですね。

4.「か」仮説と検証を重ねる
 基本中の基本ですね。ウェブ解析は仮説と検証の繰り返し。
 講座のなかでも、何度も何度も聞かされた言葉です。
 いまさら、説明の必要もありませんね。しかし、忍耐が必要です。
 あきらめず次の成功を夢見て一つ一つ検証していきましょう。

後編へと続く