アニメーションに注意

アニメーション知ってますか?
もちろん、知ってますよね。

でも、私の言うアニメーションというのはUIのお話。
UI、つまり、ユーザーインターフェイスのこと。
ウェブ制作に関わっている方々なら、耳タコの話。
でも、ちょっとおつきあいくださいな。

● スマホやタブレットに必要な道具の設計
スマホ持ってる人。多いでしょ。(実は私。まだ「ガラ携」です。)
そういう人たちは、日々膨大な情報を小さなスマホを通じて扱っていますよね。

指でスイースイーとなぞるように操作。
まるで、自分の身体の一部であるかのように気持ちよく操作してるように見えます。
先日、80才は越えてるやろと思うおばあちゃんがiPhone5を操作していた…。(負けてる)

こんな風に操作できることを、道具の透明性といいます。(完全な受け売り)
小さなスマホであるからこそ膨大な情報を快適に利用するために優れたUIが重要になってきたんですね。

パソコンではこういうことはあんまり言われません。(記憶がない)
昔は5秒以内に表示されないとユーザーは去ってしまうとか言って、ページの表示の早さを重視して画像の先読みなどの技術が流行りました。

● 動きのデザインに変化が
昔、タブレットPCを扱っていた頃は、タッチパネルと言ってもカーソルが表示されていたんですよ。
そういえば、「ブラックベリー」はカーソルを動かしてクリックしてましたね。
オバマ大統領が使っているというので、私も危うく買いそうになりました。
「あなたには絶対にIT断食が必要よ。」という嫁さんのささやき攻撃に脳が屈してしまったために購買には至りませんでしたが。

それはともかく、あの小さな「イボ」のようなものを巧みに動かしてクリックポイントまで動かす。指が吊りそうになりましたが、何となくカッコよかった。

最近のタッチパネルでは画面全体がカーソルになった状態。
カーソルはどこにも表示されません。← ま、みたことない。

つまり、昔のタッチパネルはパソコンのインターフェイス。
最近のスマホはまったく別なもの。

スマホでは人の操作と動きの連動を確実にすることがますます求められる。
スクリーンの動きはユーザーの動きと連動していて、ユーザーの手となじむ。
「操作に基づく動き」が当たり前になってきました。

● 「アニメーション」が登場!
そして、もう一つのインターフェイス。
「アニメーション」というインターフェイスが登場してきました。

「アニメーション」というのは、開発者が設計したとおりに動くもの。
私がある操作をしたら、一定時間動きます。
いままでは、ユーザーの注意を引くことが多かったのですが、ここ最近は
違う動きを目にします。

特に画面遷移や切り替えにアニメーションがくねくねと動くのです。
私の使っているMacのサファリやウインドウズのFireFoxでは、ファイルをダウンロードすると、きゅーんと矢印みたいなものが動いて、ここにダウンロードしたよ!って
アニメーションで通知してくれます。

私はそれをみて、ああ、ここにダウンロードしたんやなってわかる。
じゃあ、そこをクリックして…。

● ウェブ解析のやり方が変わるかもしれない。
アニメーションは、私の操作とはまったく連動していません。
そして、それなりに私の操作に影響を与えます。
注意が行くから無条件にそこをクリック(タップ)してしまう。
スマホにおける導線設計も変わるかもしれませんね。
いくらリンクがそこにあっても気がつかない状態になるのだから。

そうなると。
スマホについては従来のウェブ解析の手法が通用しない恐れがあります。
唐突にユーザー行動が途切れるかもしれません。
例えば、ログが消えるって現象に頻繁に遭遇するとか。

ユーザーが操作していないのだから、次の動作の必然性が予想できないことだってあり得ますね。
すべてはスマホのアニメーション設計者の胸のうちにあるのかなあ。
(考えすぎやであんた。と嫁さんが横でつぶやく)

これから、まだまだ試行錯誤が続くと思うが目が離せません。

オリジナル解析手法を確立しよう

上級ウェブ解析士に合格したあなた。一通りの知識とテクニックを修得しているはずですね。でも、それはあくまで基本です。時間が経つと忘れてしまうかもしれません。ウェブ解析の知識がホットなうちに、あなた自身のオリジナル解析手法を確立しましょう。

1.あなたの得意分野はなんですか?

 どんなサイトでも自分の得意とする分野では「一家言」あるもの。 業界独特の切り口があって、それをあなたは知っている。 クライアントもそういう課題の提案はなるほどと納得感の強いものがありますね。 たくさんある分野でもまずは自分の得意とする分野から解析手法を考えるのが取り組みやすいでしょう。 どういう職種であっても、まずは得意分野から同心円上に範囲を広げていくのが得策です。 業界特有の指標などを織り込んで事業分析してみてはいかがでしょう? フレームワークを利用してマップを作成してみてもよいかもしれません。 

2.どこから切り込むか?

 一番近いところから、それとも遠いところから? ちょっと待って下さい。 クライアントにも課題があります。 あなたが勝手に決めつけた課題がニーズに合うかどうかわかりません。 いくらいいツールや解決手段を持っていても相手が欲するものでなければ受け入れられませんよ。 では、どうすればいいのか?  おすすめの方法は、あなたのオリジナルのクエスチョンシートを作成することです。 あなたが最も得意とする方法を生かすことの出来るクエスチョンをいくつか用意しておくというものです。 あらかじめ用意しておいたクエスチョンシートに答えてもらうことで、あなたの得意とする手段をどのように生かすことができるかを検討しましょう。 面談してから、いきなり切り出すよりクエスチョンシートを中心に話を展開するほうがあなたのペースに引き込むことが出来るはずです。 

3.まずは、日頃からつきあいのある人にお願いしましょう。

 自分の切り口が果たして実用レベルにあるのかどうかを確認しなければなりません。 頭の中でわかっていても実践とはちがうもの。 ほんとうにその方法が役に立つのかどうかを、まずはテストケースとして、親しいクライアントに相談してみましょう。 ユーザー目線のアドバイスをたくさんいただいてオリジナルツールに反映しましょう。

4.さあ、実践? 

ちょっと待って!あなたの得意分野ではない? 当たり前です。早々あなたの得意とする分野の案件がくるはずがない。 もし得意分野の案件がほしいなら、周囲にそのように告知しないといけません。 それも徹底的に。周囲に認知してもらわなければなりません。 ○○なら○○へ。キャッチフレーズのように周囲に言わないといけません。 そのくらい記憶に刻み込まなければ得意とする案件はあなたに来ることはないでしょう。 しかし、最初の案件はあなたにとって未知の業種からの相談かもしれません。 かといって、そういう案件を拒否していたのではビジネスの幅は狭くなってしまう。 勇気を持って受けましょう。 最初はしかたがありません。あなたが用意したクエスチョンシートを利用して、ユーザーとコミュニケーションを取りましょう。他に手段はありませんからね。 あなたは誠実にそして真剣にその要望に応えるしか方法がありません。 課題解決ができるかできないかは運しだい? でも、上級ウェブ解析士という基本的な課題解決の知識を修得しているあなたは、なんらかの提案ができるはずです。 

5.反省と改善

 ユーザーからいただいた意見はすべて正しい。 そう考えて、クライアントへのアプローチから課題解決までのフローを見直してください。 オリジナル解析手法というのは、単に数字をあれこれ触って結果をだすというものではありません。 すべては、ユーザーへのアプローチから始まっています。 課題解決というのは、相手にも解決してもらいたいという強い気持ちがないと成立しない。 あなたが言う話を真剣に受け入れてもらえるような環境でないと解決できないケースの方が多いのではないかと思います。 だからこそ、アプローチからクロージングまでの一連のフローをしっかりと見直す必要があります。 そうして記録しましょう。それも克明に。 それがオリジナル解析手法確立の第一歩です。  

6.次なるステータスへ

 さあ、反省もしたし、改善もした。では、もう一度、あなたに親身になって相談に乗ってくれるユーザーに意見を聞いてみましょう。最初とは違った意見が返ってくるかも知れませんよ。この時点であなたは前回とは違ったステータスにいることでしょう。そのことにあなたは気がつかないかも知れません。しかし、確実に一歩前進していることでしょう。あなたが、オリジナル解析手法を確立したいと強く願っている限り。

とりあえずからの脱却

SEO対策やツールの紹介セミナーはどこも盛況ですね。
いつの間にやら新しいサービスがどんどん提供されてます。

私も知識を仕入れようと面白そうなセミナーには積極的に参加しています。
もちろん、ネットの記事もこまめにチェックしてますし、
これはと思うサイトは即ブックマークしてます。

つまり、冬眠前のクマのようにせっせと情報をため込む日々を送っています。
(情報だけでなく脂肪も蓄えているかも)

そんなある日の私。
さあ、これらの情報(知識)をどうやって講座やウェブ解析に役立てようか?
などと、これはと思う「情報」に向き合ってみることに。

…。
何も考えられない?

日頃は、考えるためのまとまった時間がありません。
たまーにそうした時間ができると考え始めるまでに時間がかかるのです。

あれっ?
なんだかよくわからんぞ。
どこから手をつけていいかわからなくなってきた!(嘘やん、なにこれ)

「とりあえず」キープした情報ばかり。
セミナー資料もファイルしただけ。

やみくもに情報を集めてきたので整理が追いついていません。

しかたがないので、今は「とりあえず」いいか…。
(また、今度にしよう。と心のなかでつぶやく)

いそがしいことを口実にして後回しにしてしまう悪癖です。
この「とりあえず」の繰り返しが続くと何にも身につかないまま月日が経っていきます。

 考えてみると、私の場合。
「収集行為」はできていますが、身につける「取り込み」行為が全く出来ていません。
これって、ノウハウ本を読んで、全然実行に移していないのと同じですね。
「取り込む」には「アウトプット」しないと自分の脳を通過しない。
わかっているんですがなかなか実行に移せないでいます。

そういえば、どこかのセミナーで凡人でも良い習慣を手に入れれば何とかなるって
言ってたことを思い出しました。

よし!決めた。とにかく決めた。
早速、面白そうなツールや解析方法をグーグルカレンダーにセットしてみました。
これから、毎週決まった曜日にそれらを試してみよう。
自分のやり方だけでは進化がない。
良い習慣は、良いアクセス解析を身につけることになるはず。

とりあえず、良い習慣だ。(とりあえずが不要?)
みなさん、アクセス解析を習慣化してますか?