ツイッターには一定の効果が見られるが...

昨日から展開している「貧者の戦略 その1」。ツイッターによるURLの告知効果が見られた。

しかしやな...。

昨日だけで、20名の新規訪問ユーザーが確認されたが、そのうちの7名がツイッター経由だった。35%を占める。

私のツイッターのフォロー数は300ちょっとだが、協会からのリツイートもあって新規ユーザーが7名となったのだろう。つまり、少なからず効果があったと言うことだ。

反面、直帰率が85.71%と高い。ツイッターで目にとまってクリックしたものの、チラッと見てすぐに他のサイトへ行くかもしくは、もとのツイッターに戻ったのだろう。

いや、内容がオモロないから去ったと言うべきか。

 

昨日だけのことを見てみると、ツイッターによる集客は、一定の効果があるものの十分なページビューを得るのはむずかしそうだということだな。

考えてみると、ツイッターを利用している人はスマホを利用している人が多いに違いない。

あんな小さな画面でサイトを閲覧するにはチト辛いもんがあるだろう。

 

このサイトは、一応スマホ対策が講じられているもののそんなに見やすい画面ではない。

スマホでも見やすい、読みやすい画面」の意識が必要だ。ユーザーあたりの参照PV数は向上するのではないかな。

 

実際に、自分でも見てみたが、「文章が長いと読みづらい」ということだった。

一行あたりの文字数を全角20文字くらいにすればちょうど良い長さになることを発見した。

 

て、言いながらもすでにこの文章が長い。← 反省するだけなら猿でもできる!

 

● 本日の状況

項目 備考
Google順位 圏外 SEO対策、アクセス解析、ウェブ解析
 Yahoo順位 圏外  
ページランク 0   
インデックス数 87 昨日と同じ
被リンク数 3 Googleのみ
Dipper評価 37 昨日と同じ。 
ページ数 98 メニュータイトル、ブログの数も含む
メモ

4/10の訪問者は26名。新規20名。新規が倍増した。リピーター6名。総PVは68。1人あたりのPVは2.6。直帰率57.69%。 ツイッターからの訪問客が7名。 Yahooから検索で訪問したユーザーが4名いたが直帰率は0%。つまり、全員がなんらかのページを閲覧していただいたということだ。協会から4名が訪問。