10分間の格闘

最近、なぜか5時前に目が覚めてしまう….。(年か…)
そして、6時半に元気にラジオ体操。
いっち、にー、さん。と10分間。

そう、サイトの日次チェックは10分間で。
上級ウェブ解析士認定講座ではそう教えますね。

(まったく関係のないネタ振り。すみません。
 マクラ言葉と考えていただいてかまいません。)

本題に戻ります。

でも、実際やってみるとあっという間に10分間が経ってしまいます。
みなさんはいかがですか?
今回は私が実践している方法をご紹介しましょう。

10分間で必要な「チェック」を済ませて「記録」するには
手順を決めておかないといけません。
ラジオ体操と同じです。(まだ言うか)

1.指標(KPI)は必要最低限
たくさんあればいいというものでもありません。
とにかくその場で、ぱっと判断できるものにしています。
重要KPIから3つだけに絞っています。
3つあれば十分です。他に見たい指標があっても我慢します。
KPIの再評価は1ヶ月単位でやっています。

2.手順を決める
できるだけ簡単に。
私の場合は、日次の記録をウェブにしています。

1) ウェブサイトにアクセスする(1分)
2) 指標をチェックする(3分)
3) Googleアラートをチェックする(2分)
4) コメントを記録する(4分)

3.よそ見をしない
一気にゴールを目指します。
ウェブ画面を見ていますと、「つい」、他のサイトを見てしまいます。
「つい」をなんとしても制御しないといけません。
日次10分の壁を越えないようにするにはこれが一番重要かもしれません。

4.ツールを上手く利用する
最近は、iPhoneから直接Google Analyticsの集計結果を確認。
「Fishead Analytics」という無料アプリです。
これがなかなか便利で気に入っています。

このアプリを手元において参照しながら日次を記録しています。
Googleにログインしなくてもいいので、よそ見の心配も減ります。

5.インデックス情報をチェックする
Googleのアラートも「前日分」だけをチェックします。
関係がありそうだったら、キーワードだけ抜き出します。

ただし、サイトによっては「1週間前」とかの情報が影響したりします。
それぞれの相関は把握しておく必要がありますね。
ここでも、Googleの内容を見出すと止まらなくなりますので要注意です。

6.出来事は1行で記録
例えばこんな感じで記録します。
5/12-圏外ー訪問200ー直帰5505ー滞時0130-「Day1 内容」で検索ヒット
「%」や小数点、時刻の「:」は省略して入力操作をシンプルにしてます。
一行にしているのは、コピペがしやすいのと31行で1ヶ月分をまとめて表示できるからです。
 コメントは詳しく書きません。キーワードだけ書きます。
自分だけがわかればよいからです。

こんな感じで10分間格闘してます。

いかがでした?
ほどんとやってる?参考にならない?

失礼しました。
もっと精進して、日次チェックの達人になります。

提案力アップに必要な6つのポイント

今週は提案力についての話題です。
ウェブ解析士を仕事に役立てるためには「営業力」が必要ですね。

1.あなたのことを知ってもらう
2.あなたの言うことを聞いてもらう
3.あなたを信頼してもらう

こんなとこでしょうか。2と3がむずかしいですね。
ともかく「提案力」をアップさせなければなりません。

それにはどうすれば良いか?
中小企業診断士の立場から6つのポイントを説明します。

★1.やっぱり見た目は大事です

 相手に受け入れられやすいように準備しましょう。
 解析士の職種を拝見してみますと、けっこうウェブ制作に関わっている人が多いのではないかと思います。特にデザイナーの方々はおしゃれでかっこいい方が多いですね。

 でも、なかには「きまじめ」で「オタクっぽい」イメージの方もおられるのではないかと思います。頭ぼさぼさでラフな格好をしていたら、いくら良い提案をしても聞き入れられにくいものです。
 私が駆け出しのころは、よく年齢を聞かれたものです。
IT関係の相談なので年齢なんて関係ないと思っていたのですがこれにはショックを受けました。中小企業の経営者の多くは、長年の経験から、ある程度の年長者の言うことを信じる傾向にあります。それだけ、経験値を持っているという認識でしょう。こればかりは、人の感情というものもありますから一概に否定できませんね。
 だけど、逆に言えば、きっちりとした格好で対応すれば、それなりに対応してくれるっていうことです。身なりをきちんとして、はっきりと相手の顔を見て話をするようにしてください。
 うつむき加減で話をしていては信用されません。

★2.何を言っているのかわかりません。

 あなたの説明する言葉は「専門用語」を使っていませんか?
 ページビューだとか直帰率とかあなたは当然理解しているとしても相手は知らないかもしれませんよ。相手もなかなか「知らない」ということは言いにくいもの。うんうんとうなずいていても、ちっとも理解していないことだってあります。

  昔、コーチングの講習でインターネットの使い方を小学3年生に説明する。
 というのをやったことがあります。二人一組で交代でやるのですが専門用語は使えない。
 それでもなんとか説明し終えました。すると…。
 「それでは同じことをアフリカの小学3年生に説明してください。」って言われました。
 これには思わず絶句!なにせ、言葉が通じないのですから。
 身振り手振りで相手に伝えようと苦悶したことを思い出します。
 いかにコミュニケーションはむずかしいかと言うことを身を持って体験しました。

 あなたの言いたいことを相手に伝えるためには、十分に話し方も内容も吟味しなくてはいけません。

★3.成功する提案は核心をついた質問から始まる

 いきなり提案しろって言われても提案なんかできませんよね。
 提案が受け入れられるにはいろいろなパターンが考えられます。

 提案は、顧客の課題を解決して事業に成果をもたらすものでなければなりません。
 顧客のビジネス上の課題をB1でそれに関係する課題をB2とします。

 理解しやすいように3つのパターンに分類しましょう。

 [1] あなたの提案が課題B1を解決する場合

  自信をもってあなたの提案を説明しましょう。
  相手がB1を認識している場合は特に聞いてもらえるでしょう。

 [2] あなたの提案が課題B1は解決できないが課題B2を解決する場合

  よくあるケースです。例えば、
  売上げは急には上げることはできないが、メルマガの会員を増やすことができる。

  こういった場合は、
  課題B2を解決することによって課題B1が改善することに力点をおいて説明しましょう。

 [3] あなたの提案にB1もB2も解決しない場合
  あなたは、相手が気がついていない課題B3に気がついています。
  でも、相手にはそれが課題と認識していない。
  その場合は、課題B3を「見える化」しましょう。
  課題B3に力点をおいて提案を説明しましょう。

★4.提案を宣言しておきましょう。

 これも受け入れられやすくするための準備。
 相手に対しても、自分自身に対してもプレッシャーをかけないといけません。

 人間はコミットメント(宣言)したことに関しては、実行しなければならないという
 無意識の推力が働きます。

 「御社のお力になれるよう毎回提案させていただきます」くらいの宣言をしましょう。
 最初は相手にされなくても、相手に意識してもらえれば成功です。

 ひょっとしてこいつは何か面白い提案をしてくるかもしれないと思ってもらえればラッキーです。

★5.見積もり提案書を用意しておく

 提案してもなかなかビジネスにつなげるのはむずかしいもの。

 その一つの手段が見積もりです。

 アイデアを具体的な価格に反映させることが第一歩。
 日本人はなるべく価格のことは後回しにしがちですが、最初に明示しておくのがポイントです。

 その提案内容が、どれくらいの価値を持つのかを相手に提示しないと始まりません。
 高いのか安いのか。相手がその提案に支払ってもよいと判断するなら契約は成立するでしょう。

 「お、いいね。じゃあ、見積もり出してよ。」と言われて見積もりを提出するまでに
 何日もかかるようではいけません。
 相手が冷めないうちにさっと提出しましょう。

★6.成功するまで提案は継続する

 一度断られたからといってあきらめてはいけません。

 心情的にへこむ方がおられるかもしれませんが
 たった一回くらいの提案で受け入れられるなんていう幸運は期待してはいけません。
 数打てば当たると言うではわけではありませんが、コミュニケーション時間と提案の受け入れは
 ある程度比例します。

いかがですか?
当たり前のことばかりだったと思います。

でも、当たり前のことがなかなかできなかったりするわけです。
私も毎日反省してます。← なんや、おまえのことやったんか!

はい。(小声)

当然と発見

GW中でもクライアントのサポートは継続。電波の届かないところへはなかなか遊びに行けません。あなたはどんな過ごし方をされましたか?

● 3時間でサイトを作る

先日、化粧品販売サイトの新規立上げのお手伝いをしてきました。最近は「みんビズ」を利用してサイトを作り上げていきます。インタビューに答えてもらいながら作るので、ユーザーの満足度も高い。(いや、納得度かな)あれやこれやと話をしながらですが、3時間もあれば出来てしまいます。作成中は、やれ税金対策がどうとか、在庫管理がどうとか。景気が良くなりそうなのでもっと売りたいとか。サイトの話より経営の悩みの相談がたくさんでてきます。この会社の社長は女性。お孫さんも中高校生だとか。とても若く見えます。信じられないでしょうが15歳は若く見えます。肌の色つやもすばらしく、周囲の女性も見とれてしまうほど。化粧品の購入者は、みんなこの人のようになりたくて購入しているんではないかと思うほどです。何でも国際エステシャンとかの資格を持ってるのだとか。「誰でも手入れの仕方で、(肌は)美しくなるのよ。」女性はそれが聞きたい!ご本人は、そんなことにはまったく興味がないっていう風です。

● 知りたいのはそれっ?

その後、打ち上げに。今後の方針やメンテナンスについて意見交換をします。すると、スマホの話になりました。社長さんは、どうやらガラ携らしく、これをスマホにかえるべきかどうかを深く悩んでいたらしい。(スマホで電話をする自信がない。)だったら、ガラ携はナンバーポータビリティを利用して安いものに買い換えて電話とスマホの二刀流にしたら。とアドバイス。「今日の私はツイてる!私はそれが知りたかったのよ!」どちらかしか使えないと思っていたらしい。明日、ショップへ行くわ。ありがとう。別に特別な話をしたわけではないけど、こんなに喜ばれるなんて…複雑。

● あなたの当然は相手の?

あなたが当然だと思っていることでも、相手は知らないかもしれません。ひょっとすると、そのことが一番知りたいことかもしれません。サイトに当然だと思っていることでも掲載すると良い結果が生まれるかもしれません。「当然」という話で、こんなのも思い出しました。その昔、ある会社の新一年生向けの学習教材の広告がヒットしました。教材の売上げが伸びましたので、その広告を何年も使い続けていました。当然、周囲には知れ渡っています。そろそろリニューアルしたほうがよいと考えた担当者。あるとき、上司に相談しました。「この広告。もう、何年も同じ文言だから変えましょうか。」すると上司が、「馬鹿言うな。新一年生にとっては初めて見る広告だ。」使い古されていても、それを初めてみるお客にはやっぱり効果があるってことですね。

● 「当然」を「発見」してもらいましょう!

自分の常識を疑ってみましょう。あなたの「当然」を相手に「発見」してもらうためにどんどんコミュニティに参加しましょう。サイトだけの情報発信だけではなかなか「発見」してもらえません。ウェブ解析士の方ならセミナーや勉強会で情報交換するのもよいでしょう。ビジネスは、こういう些細なところから展開していくと思います。ウェブマーケティングにも応用出来そうですね。

成功事例か失敗事例か

GW中でもクライアントのサポートは継続。
電波の届かないところへはなかなか遊びに行けません。
あなたはどんな過ごし方をされましたか?

● 3時間でサイトを作る
先日、化粧品販売サイトの新規立上げのお手伝いをしてきました。

最近は「みんビズ」を利用してサイトを作り上げていきます。
インタビューに答えてもらいながら作るので、ユーザーの満足度も高い。
(いや、納得度かな)
あれやこれやと話をしながらですが、3時間もあれば出来てしまいます。

作成中は、やれ税金対策がどうとか、在庫管理がどうとか。
景気が良くなりそうなのでもっと売りたいとか。
サイトの話より経営の悩みの相談がたくさんでてきます。

この会社の社長は女性。お孫さんも中高校生だとか。
とても若く見えます。信じられないでしょうが15歳は若く見えます。
肌の色つやもすばらしく、周囲の女性も見とれてしまうほど。
化粧品の購入者は、みんなこの人のようになりたくて購入して
いるんではないかと思うほどです。
何でも国際エステシャンとかの資格を持ってるのだとか。

「誰でも手入れの仕方で、(肌は)美しくなるのよ。」

女性はそれが聞きたい!
ご本人は、そんなことにはまったく興味がないっていう風です。

● 知りたいのはそれっ?
その後、打ち上げに。
今後の方針やメンテナンスについて意見交換をします。

すると、スマホの話になりました。
社長さんは、どうやらガラ携らしく、これをスマホにかえるべきかどうかを
深く悩んでいたらしい。(スマホで電話をする自信がない。)
だったら、ガラ携はナンバーポータビリティを利用して安いものに買い換えて
電話とスマホの二刀流にしたら。とアドバイス。

「今日の私はツイてる!私はそれが知りたかったのよ!」

どちらかしか使えないと思っていたらしい。
明日、ショップへ行くわ。ありがとう。

別に特別な話をしたわけではないけど、こんなに喜ばれるなんて…複雑。

● あなたの当然は相手の?
あなたが当然だと思っていることでも、相手は知らないかもしれません。
ひょっとすると、そのことが一番知りたいことかもしれません。
サイトに当然だと思っていることでも掲載すると良い結果が生まれるかもしれません。

「当然」という話で、こんなのも思い出しました。

その昔、ある会社の新一年生向けの学習教材の広告がヒットしました。
教材の売上げが伸びましたので、その広告を何年も使い続けていました。
当然、周囲には知れ渡っています。
そろそろリニューアルしたほうがよいと考えた担当者。

あるとき、上司に相談しました。
「この広告。もう、何年も同じ文言だから変えましょうか。」

すると上司が、
「馬鹿言うな。新一年生にとっては初めて見る広告だ。」

使い古されていても、それを初めてみるお客にはやっぱり効果があるってことですね。

● 「当然」を「発見」してもらいましょう!
自分の常識を疑ってみましょう。
あなたの「当然」を相手に「発見」してもらうためにどんどんコミュニティに参加しましょう。
サイトだけの情報発信だけではなかなか「発見」してもらえません。
ウェブ解析士の方ならセミナーや勉強会で情報交換するのもよいでしょう。

ビジネスは、こういう些細なところから展開していくと思います。
ウェブマーケティングにも応用出来そうですね。