どっちがいいの?

ウェブ解析士 提案の実践法則! どっちがいいの

ウェブ解析士マスターの亀井耕二です。

毎日、サイトと向き合ってます。
どうしたらアクセス数が増えるのか?
なんてことばかり考えているとたまに嫌になってくることがあります。

でも、嫌になってしまうと、ウェブの神様から見放されてしまうかもしれません。
それは駄目。ウェブの神様はよく見てる。
やっぱり真面目に向き合わないといけないと自分に言い聞かせてる毎日です。

自分が書いた文章がたった1人にでも読まれていると思うと、きちんとしないと
いけないと思うのであります。

私が古くからやってるブログがあります。
ウェブ解析とまったく関係のない記事ばかりです。
ほとんど趣味に近い感じでやっているので、SEO対策もしてませんし、
他の方々に積極的にURLを教えることもありません。

その中の記事に、SQL(データベース記述語)に関するメモがあります。
たわいもない記事ですが、あんまり他には掲載されていない技術的なプチ情報です。

私自身が忘れないように15分くらいでささっと書いてアップしました。
今から6年前の2007年のことです。

先日、久しぶりにアクセスログを調べてみました。
なんと、その記事がトップのアクセス数でした。

トップといっても、毎日30から40のアクセス数です。
少ない?!
あなたはきっと、なあんだと思われたでしょう。

でも、ずうっっっっっと、毎日30から40なんです。
さかのぼって調べてみると2007年から今まで6年間。

6年間。毎日30のアクセス…。

一年が365日だから毎日30アクセスとして、1年で10950PV。
これが6年だから、65700PV。
単純にはいきませんが、まあ、考え方としてはこんな計算もありかな。

ちょっと、驚きました。
SEO対策もないし、リスティング広告もしてない。

けど、訪問客は30秒ほどは閲覧している。
ということは、これはこれで役に立ってるってこと?!

考えてみると。
短期に流入を増やす施策も重要です。
でも、長期にわたってアクセス数を増やすっていう方法もあるのかなと思います。

物流の世界では、交差比率という考え方があります。
 販売あたりの利益 × 在庫回転 = 交差比率
といって、交差比率を最大化するように在庫をコントロールするというもの。

この式で考えると、同じ期間で比較して。
商品Aは100円の利益がある。これが100回転すると、10000。
商品Bは10000円の利益がある。1回転すると、10000。

つまり両者は、等価であると考えるわけです。

これをウェブにおきかえてみたらどうなるか?
これが、先ほどの私のブログの例です。
コンテンツに時間軸をプラスする思考とでもいいましょうか。

えっ、結果が出るまで悠長に待っとれん?
それはそうですな。

急いては事を仕損じる?

◇「ウェブ解析士 提案の実践法則!」 http://www.kameikoji.jp ◇

予習しましょう

最近、初級ウェブ解析士認定講座を受験する人が増えてきました。それも、講座だけではなくて、試験のみに申し込む人が増えています。これが、関西地方だけの現象なのかどうかはわかりません。試験のみで挑戦しようという方の表情は険しく、決意のほどが見て取れるほど緊張されているケースが多いようです。試験前の様子を見てますと、マーカーを引きまくったテキストを熱心にチェックされています。かなり勉強されたんでしょうね。それだけに、合格率が高いように思います。一方。講座を受講されている方々。テキストは真っ白。まだ、1行も読んでいない?そんな方がチラホラおられます。受講生に話を聞くと、検索エンジンで「ウェブ解析士」を知った。周囲の人に聞いてみたら、ウェブ関係の資格と聞いた。だから、受けてみようかと。ようやく知名度が向上してきた?!我々解析士マスターにとっても喜ばしいことですね。ところで。受講しようとする方々の職種を尋ねると、ウェブへの関わり度合いがそんなに強くないという方が多くなってきたように思います。数年前はウェブ制作会社やコンサルの方が多かった。だから、少々専門用語で話をしても十分通用しました。また、計算問題にしても数分でささっと解ける方が多かった。最近は、ウェブ解析は初めてです。という方がちらほら混ざってきています。えっ、初めて...。絶句。教え方がむずかしい。そう、ウェブ関係の資格をまとめて取得しようと考えている人々です。ブログもやったことがないし、もちろん、企業サイトの担当になったこともない。だから、見るもの聞くものが初めてのことばかり。ましてや、CTR,CTC,CPA、CPCなど「C**」系の話になるとちんぷんかんぷん。計算も混乱します。「講座」と名がつくことから、参加すれば一から教えてもらえると期待しておられます。もちろん、教えますよ。必死で教えます。でも、初級講座の内容はボリューム満点…。← 毎年、増えてる。考えてみると。講座時間だけでは、すべてを理解するのは無理があります。せめて、テキストを事前に読み込んで来ることが必要です。そうでないと、講座で初めて耳にする用語を理解するのに時間が取られてしまいます。当然、応用問題まで気が回りません。ということで。これから、初級ウェブ解析士を取得しようという方々で、ウェブ関係については全くの素人という方。講座の受講前にテキストを予習することを強くオススメします。そうでないと、講座本番の理解度に差がでます。心配しなくても、テキストをしっかり読めば必ず合格する資格です。テキストは200ページほどもありますが。そこはそれ。なにごとも努力なくして成功無し。もちろん、予習だけではなくて、復習も大切です。はい。

毛根にスマッシュ!

ウェブ解析士 提案の実践法則! 毛根にスマッシュ!

ウェブ解析士マスターの亀井耕二です。

「毛根にスマッシュ!」

7月6日金沢での第三回勉強会。
「ホームページをコストでおわらせないために」
のディスカッションでのできことです。

演習で考えたリスティング広告をグループで集計して発表するというもの。
時間が押していたせいもあって、その場でカウントすることにしました。
参加者全員が目をつぶって、自分にフィットする広告に手上げします。

読み上げるのは私と同じ解析士マスターの椋さん。
たくさんある広告キャッチコピーを落ち着いた声で読み上げていきます。

「毛根にスマッシュ!」

横にいた私は突き上げる笑いを止めるのに精一杯。
勉強会のスタッフは全員、後ろの席で雪崩をうって爆笑しています。
椋さんは表情一つも変えずコピーを紹介します。
(あかん、こんな紹介なんて反則やん。おもろすぎる。)

ほぼ全員が手上げする。

なんの変哲もないヘアーブラシを30代の男性に売り込むという想定。
その男性は趣味がテニスということになっています。
この演習の課題は「ペルソナを考える」です。

上級ウェブ解析士講座でもペルソナに触れますが深く説明している時間がない。
本来は、ウェブ解析をペルソナに落とし込むところのフローが重要です。

でも、今回は勉強会だから、むずかしい話は抜き。
事前にペルソナを想定したうえで、キャッチコピーを考えていただきました。

テニスだからスマッシュ。気になる毛根…。

交錯するイメージが意識を一撃!

それにしても、1秒で人をとらえるコピーはむずかしい。

ウェブ解析士のセミナーは、解析の手法ばかり。
なので、今回は趣向を凝らしてキャッチコピーの演習を取り入れてみました。
普通じゃ面白くないので、コーチングの講座手法も組み合わせることに。

たぶん、こんな演習を期待していなかったので、参加者も驚かれたと思います。
結構盛り上がりました。
後のアンケートの結果でも演習は好評でした。

考えてみると。
私たちの考えるコピーって、きっとどこかのサイトで見たことがあるものを思い出していますね。
だから、みんなが思いつくようなコピーというのは、どこかで見たことがある。
そんなコピーの森のなかにいれば、目立たなくなるのは当たり前。

どこにも見たことがなくて、しかも、それが、自分の感性を刺激する言葉だったら、感情の爆発を期待できるかもしれません。
つまり、「思わずクリック」するかもしれない。

テキストって大事ですな。つくづく、そう思います。

それにしても、私自身は発想が貧困。何も出てこない。← 元からなにもない。
もっと、脳力を鍛えないといけないと強く反省した次第。

ウェブ解析では、必要なリスティング広告数を求めることが多いのですが、
たまには、こういうウェブマーケティングを考える演習も面白いと思いました。

さて、次の勉強会ではどんな演習を企画しようかな。