サイトの価値

週刊ダイアモンド(8月31日発行)に企業サイトの事業貢献度測定という記事が掲載されました。昨年に続く「ランキング記事」です。内容がウェブ解析士にとっても、興味深いので紹介させていただきます。

●1位は全日空で2位が日本航空、3位がトヨタ

べつに驚くような結果ではありませんが。そんなもんだろうなと思います。名だたる会社がベスト10入りしていまして、237位までがどこかで聞いたことのある企業が名を連ねています。これらの企業に関係する会社のウェブ解析などのお手伝いをしている解析士の方は一応目を通しておくとよいかもしれません。

●サイト価値ランキングとは

日本ブランド戦略研究所の「Web Equity2013」という調査から評価されたサイトをランキングしたものです。対象サイトは260サイト。全業種を網羅的に対象としています。ほとんどが、一部上場企業です。情報収集手段はアンケート形式によるものです。20260人からの回答が寄せられています。・日本ブランド戦略研究所「Web Equity2013」http://japanbrand.jp/product/we/

●どのように評価しているのか

日本ブランド戦略研究所では、二つの観点からサイトを評価しています。その二つとは、1)売上価値と2)情報価値です。まず、1)売上価値を見てみますと売上価値=推定購入者数 × 売上価値単価となっています。説明によると「売上価値単価は業種ごとに各社共通」だそうですが、具体的にどのように算出されたのかはわかりません。 この計算式は我々ウェブ解析士のレポーティングにも使えそうですね。売上価値単価を、平均売上単価と置き換えてもよいですし、期待売上も含めた売上単価に置き換えても使えそうです。次に、2)情報価値です。情報価値=閲覧価値 × 行動価値となっています。閲覧価値というのは、閲覧価値=閲覧ページ数 × ページ単価となっています。これまた、ページ単価って何やねん?ていう感じですが、よくわかりません。企業秘密なんでしょうね。また、行動価値というのがあります。行動価値 = 推定行動者数 × 行動価値単価(行動タイプ別)という式です。興味深いのが行動価値単価です。サイトの記述によると、行動単価は行動の内容・性質に鑑み独自に設定(例:資料請求の場合は郵送で送った場合の郵送費)と説明されています。要するに、ユーザーが閲覧した後に、行動を起こしたとして、そこで発生する費用。というようなものでしょうか。多く発生すればするほど、サイト側には効果があったとみなすのでしょう。この項目も使えるかもしれません。ユーザーが購買に至る過程において、いろいろ発生する費用を含めて行動単価として把握しておくと投下する広告費などの算出根拠に使えるでしょう。

●ウェブ解析への応用

いずれにせよ、これらの評価は一般ユーザーに理解が得られやすい評価体系になっていますね。複雑な計算式はありません。(ちょっと怪しい項目もありますが)特に、異業種との比較においては、わかりやすい。また、成果がなかなか上がらないサイトにおいては、情報価値という切り口でサイトの評価を試みる価値があると思います。目に見えにくい項目でも、「見えるようにする評価手法」があれば、クライアントにとっても、サイト運営が意義あるものになると思います。私たちウェブ解析士もそういった提案ができるように勉強していきましょう。

どうやって勉強するの?

講座を開設していて経験するシーンがあります。

「どうやって、WEB解析士(正確にはウェブ解析士)の勉強すればいいのでしょうか?」
こういう質問を受ける。特に上級講座に多い質問です。
 これに対して、明確に答えようがありません。
「あなたが興味をもって勉強するだけです。」
とは言えません。

でも、よくよく聞いてみると
「どうやったら、ウェブ解析士試験に合格できるのでしょうか?」
という意味であることが多いですね。

決して、
「どうやったら、ウェブ解析士試験に合格するレベルになるでしょうか?」
ではない。当然のことですね。
決して安くない講座料を支払って受講しているのですから。

でも、中には、
「どうやったら、今の仕事の課題が解決するでしょうか?」
という方もおられます。

この場合は、課題解決のためにウェブ解析士講座を受けに来られています。
それだけ真剣だし、質問の内容も実践的。
講師としても、テキストを繰り返すだけの回答は許されません。

考えてみると。
どんな資格も最短の努力で取得するのが「効率的」です。
限られた時間のなかで、できるだけ自分の役に立ちそうな資格を
取得する。実践的な戦略です。

でも、こうして手に入れた「資格」、というよりは「知識」は、
使わなければどんどんサビが来る。
私の感覚では、資格の恩恵は、取得にかかった年月に比例するのでは
ないかと思います。
よく、苦労して取得したとかいいますが、それだけの期間、その資格と
向き合っていたといえます。
だから、身体が覚えている。そんな感覚でしょうか。

ウェブ解析士ってなんでしょうか?
単なる資格ではなくて、あなたの課題を解決する知恵の集合体!!
ちょっと、おおげさですかね。

でも、せっかくの資格。
なにかに役立てないと実にもったいない。

もっと、ウェブ解析士の勉強に向き合ってほしい。
そんなことを思う日々…。

あかん。勉強しよ。
最近、勉強足らんわ。

◇「ウェブ解析士 提案の実践法則!」 http://www.kameikoji.jp ◇

どうする過剰リンク?

● 過剰リンクの削除を急ぐ
8月5日の日本経済新聞の朝刊(17頁)に「企業、過剰リンク削除急ぐ」として
次のような内容が掲載されました。

「企業の間で、SEO対策として実施した自社サイトへの過剰なリンクを削除する
動きが急増している。」

これは何を意味しているかというと、あなたもご存じの通り、

企業によっては、外部のブログなどに自社サイトへの過剰なリンクを
載せてもらってグーグルの検索順位を上げていた。

ところが、グーグルがルールを改訂して、無駄なリンクが多いサイトの
検索順位が下がるように変更してしまった。

だから、過剰なリンクを削除して少しでも元の順位になるように奔走している。

ま、こういうことでしょう。

● 日経の記事に載るくらいの大きなインパクトがあったってこと?
グーグルは毎日なんらかの改善をしてるんで、いまさら驚きもしません。
驚いたのは、これが日経の記事、しかも、紙面の3分の2を占めていたという事実です。
それだけ、社会的に影響があるのでしょうね。

逆の見方をすると、「過剰リンク」は検索順位を上げるのに効果があったということ。
だからこそ、企業がこのサービスに飛びついて流行していたと考えてよさそうです。
本紙によると悪質な業者が出現したことと関係があると書いています。

● もっと本質的なところを改善しないと。
これらの企業は、何らかの方法でリンク増産のSEO対策を実施したはずです。
ウェブ担当者が実施したのか、それともそれをサービスとして提供する会社を利用したのか。
内容が充実しているなら、そんなことを考えなくても良かったのでしょうが、
手っ取り早く順位を上げて、それによって、コンバージョンを上げるという短絡的な方法が魅力的に映ったのでしょうね。

また、サービスを売り込む業者にもとっても、「リンク増産」のテクニックは
目に見えて検索順位が上がるのでプロモーションしやすかったのでしょう。

しかし、残念なことに、今回は過去に順位引き上げを狙って乱造した無意味なリンクが「負の遺産」に変わって検索結果を引き下げてしまいました。(日経記事より)

● 検索エンジンのロジックに支配されないように

SEO対策は全部が無駄だとは思いません。
サイトの品質を上げるようなSEO対策は有用です。

しかし、自社サイトは、「お客さま」にしっかり向き合うことが大切です。
せっかく作り込んだサイトでも、「検索エンジンのロジック」のなかに自社のビジネスモデルを組み込まれてしまってはいけません。

検索エンジンの検索順位は評価の一つですが、それをもってサイトの善し悪しを図るのはいかがなものでしょう。

ウェブ解析士として、長期的な視点に立ったアドバイスができるようになりたいですね。

◇「ウェブ解析士 提案の実践法則!」 http://www.kameikoji.jp ◇