楽しいメニューはいかが?

ウェブ解析士マスターの亀井耕二です。

久しぶりのコラムです。
先日、家内と四国の金比羅山に出かけてきました。
江戸時代には、一度はこんぴらさんに参りたい。と人気があったようです。

大阪から車でゆっくり走って4時間ほど。
金比羅山(こんぴらさん)は、正式には金比羅宮といいます。

香川県の琴平。地図で言うと、本州の岡山から瀬戸内海をまたぐ瀬戸大橋を
渡ったところにあります。階段の連続を登り切り本堂への参拝を済ませて
一汗かいた後は、近くのビジネスホテルへ。

香川県琴平といえば、有名なのが「うどん」。
町の至る所にうどん屋さんがあります。
どこも味自慢。コンビニよりうどん屋さんのほうが多いのではと思います。

さて、翌朝。
せっかくきたのだからと、朝食は早朝うどんをたべさせる店を探してうろうろ。

8時前に、琴平駅前の商店街アーケードの端にあるうどん屋に入りました。
店内は誰もお客はいません。お店の方はというと、どうみても80歳はいってる
だろうという女性がテーブルを拭いていました。30人は入りそうなお店。
朝の5時間からおでんを煮ていて、これが10時まで無料だとか。
これ、うどんのモーニングサービスとか。信じられん。

黙っていてもお茶もでてこない。店内をよく見るとセルフサービスと書いてある。
そうか、うどん屋さんはセルフサービスがメインなんや。

と、思っていたらさっとお茶を出してくれた。
メニューをどうぞと薦めて、ぷいと店の奥に入っていってしまう。
店の奥はなにやらいそがしそうだ。

まあ、愛想のない店だなと、夫婦で目の会話をする。
じゃあとばかり、メニューを開いてみた。

どのページも大仰なメッセージで埋め尽くされているではないか。
「当店の人気ナンバーワン!○○○」とか、「やっぱり、これが人気の定番。」
「一度食べたら止められない。」「モチモチ感がたまらない。」
「大人気の○○」

おいおい、ここまで書くか。って感じ。
しかし、写真付きのメニューには嫌みがない。いかにもうまそうだ。
このエビの天ぷらってどうよ。やっぱり、ぶっかけ?

メニューをめくるのが楽しい。
どのページをめくっても、その店の人気メニューって書いてある!

そんなことありえん。が、そうかもしれないと心の中で思い始めた自分がいる。

しばらくして、老女がやってきた。
「何にしましょ?」
「何を選んだら良いのかわかりません。オススメはなんでしょうか?」
「それはねえ、あなたがお好きなものをお食べになったらよろし。」
「はあ、でも。いっぱいオススメがあるし。」
「なんでもありますから、あなたが食べたいと思ったものを食べられたら。」

そのとおりなんやけど。しかし、このメニューを見てしまったら迷ってしまうやん。
とか、思いながら、結局、
エビ天を奮発して「ぶっかけうどん」を食べることにした。

メニューを見なかったら、汁気たっぷりの釜揚げうどんを食べようとおもっていたのに。
結果は違った。なぜなんだろう?

メニューを見てしまったからだ。
どのページもランディングページになっていたメニュー。
まんまと高額商品に誘導されてしまった。美味しかったら許せるが。

商品の特徴を一手間かけて強調していたのが印象に残った。
私たちが関わるサイトも「うどん屋のメニュー」と変わらない。

一手間を惜しんでは、売上げはアップしない。

◇「ウェブ解析士 提案の実践法則!」 http://www.kameikoji.jp ◇

見極める力を高める

私の今年のテーマは「見極める力を高める」です。
そのビジネスモデルの成果を理解し、サイトの「最適な目標」を見極める力です。
 
 目的を理解したら次は目標を設定すること。ビジネスの鉄則ですね。
確かにその通りですが、ウェブ解析に関して言えば次のように考えたいと思います。
 
それは何かというと、
変化する状況に応じて「サイトの目標」をその都度最適化していくこと。

 決して、SEOでもありませんし、広告でもありません。
周囲の変化に応じて、自らが変化しなければ陳腐化してしまいます。

例えば、私の大好きなハイキングでいうと。
不慣れな山を歩く時には目標物にコンパスをセットすることがあります。
 磁北(磁石が北を示す方向)を基準にして鉄塔などのランドマークにコンパスの指針を合わせます。
 このままコンパスの示す方向に進めばよいのですが、道というのはまっすぐではありません。山を迂回していたり、上ったり下ったりと自分の進んでいる方位が絶えず変化します。
 だから、目標物を視認できないで長く歩いていると見当違いの方向へ進んでしまうことがあります。
目的地点とそこに至るまでの各目標地点を確認しながら進まないと到達できないのです。

ベテランの登山者は、こまめに周囲を観察し、自分のいる地点を確認しています。
それが迷わず目的地に到達する最適の方法だと知っているからです。
 
サイトにおいても同じです。
こまめに「自分のいる地点」を確認する必要があります。
 それには、こまめに「最適な目標」を見極めないといけません。

われわれウェブ解析士はガイド役を頼まれることがあります。
クライアントを目的地に導かないといけません。

近くを見て道を見分ける必要がありますし、たまには首を伸ばして遠くをみなければなりません。
そうして、向かっている方向性が間違っていないということをクライアントに説明する。
これの繰り返し。

ドバッーと売って、サッと消えるサイトならいざ知らず、少なくとも5年以上は継続させようと思ったら、地道にコツコツと実績を重ねていくしかありませんね。

すごくよく売れることもあるし、なぜか売れないこともあります。
その度毎に一喜一憂していては続きません。
やっぱ、継続は力なりかな。自戒の意味を込めて。

発表者と参加者

8月31日、島根県の松江市でウェブ解析士による勉強会を開催しました。

島根県は人口70万人。その中の松江市は約21万人の地方都市です。
松江市は、東京と比較すると文京区や港区の人口よりやや多い。そんな規模です。

当日は大雨。こんな雨じゃあ参加するのも困難なほど。
21名の参加者を予定していましたが、ひょっとすると。と心配になってきます。
しかし、みなさん。しっかり参加していただきました。
松江市の商工会議室の会場は100名は軽く収容出来る広さです。
広々とした会場でゆったりと勉強会が始まりました。

● 発表テーマの選定
 発表内容のテーマ選定は以下の3つの分類の7つの項目を選択して発表して
いただいています。
[1] ウェブ解析のビジネス論
 ・[ビジネスモデル] 例 事業そのものの研究発表。事業分析について
 ・[マーケティング] 例 WEBマーケティング手法。メルマガ、チラシ、広告
 ・[レポーティング] 例  事例紹介など
[2] ウェブ解析の戦術論
 ・[最新知識] 例 最新のウェブ情報。
 ・[ノウハウ] 例 解析手法。SEO、検索テクニックなど
 ・[ツール ] 例 解析ツールなどの使いこなし。IT技術について
[3] ウェブ解析の実践論
 ・[イベント] 例 セミナー企画、出版などについて
でも、最近はこれに加えて、「ウェブ解析」外のテーマも増えてきました。
むしろ、事業をとりまくビジネスとの関連性に着目した内容が目立つようになりました。

● 今回の発表をみると
第4回を迎えた今回の勉強会。ウェブ解析士のみなさんの発表内容もますます多様化してきました。
 発表者の内容をみますと。
 1)最近のニュース(消費税等)
 2)ウェブのノウハウ(応用、ポイントなど)
 3)事例報告(成功例、失敗例)
 4)紹介(ウェブ解析士)

 概ねこんな感じでしょうか。

● やはり事例紹介が人気
 特に3)の事例報告では失敗例もあったので共感することが多かったようです。
 成功例より失敗例のほうがウケがよい。
 成功例は真似るのがむずかしいが、失敗例は誰でも気をつけることができます。
 失敗とまではいかないが、なぜかうまくいかなかったということも参考になります。

 また、本人が気づいていない内容でも、参加者が熱心にメモを取る姿がありました。
 発表者にとっては当たり前のことでも、他人にとっては目からうろこということも
 あります。後ろの座席から参加者の様子を見ていますと、反応が手に取るようにわかります。

 このシーンを見かけるたびに発表内容と参加者の受け止め方の微妙な差を感じます。
 後のアンケートでも、評価の高かった発表というのは、メモをとる人の多さと比例
 しているようです。

  最先端の知識でなくても、自分を取り巻くウェブの日常に参考になる内容の方が
 「うなづき率」が高いと思います

● ちょっとしたトラブルが
 無線を使ってプロジェクタを使用していましたが、突然消えてしまった!
 その時、あなたならどうしますか!?

 すぐに映らない?1分、2分と時間が経過。
 急きょ、別の発表者がワンポイントレッスンとして登壇してくれました。
 しばらくの時間稼ぎ…。
 こうなったら、スケジュールを変更して、プロジェクタを使用しないディスカッションにしようか。
 と、検討しているときに復旧しました。やれやれです。

 勉強会では、プロジェクターとパワーポイントの組合せの発表スタイルに慣れきっています。今後に備えて、ホワイトボード使ったネタを用意しておこうと決心した次第です。リスク対策は必要ですな。

● 懇親会で
 今回の参加者は、ほとんどが経営者でした。
 このため、懇親会などでは、企業の経営に寄与するサイトのあり方やウェブ解析の
 メリットなどの質問が多く寄せられました。前回も参加された経営者からは、
 とても勉強になった。迷っていたがサイトを開設して事業の成果をもたらすことが
 できそうだと語っておられました。
 地元のウェブ解析士の方に支援をお願いされるそうです。
 ウェブ制作の技術的な質問より、経営寄りの質問が多かったので今後の発表ネタの参考になりました。

 発表者が参加者のニーズにいかに応えていくか。
 セミナー企画は、参加者のニーズをどのように把握するのかがポイント。
 言うは易し…。むずかしい。

◇「ウェブ解析士 提案の実践法則!」 http://www.kameikoji.jp ◇