リアル営業を支援するウェブ解析

ウェブ解析士マスターの亀井耕二です。

今年5月に実施した企業研修の結果がフィードバックされてきました。
企業研修というのは、ウェブ解析をテーマにした新人研修です。
入社2年目の営業マンに「ウェブ解析をいかにして営業に活かすのか」を
テーマに研修しました。

結果は好評でとても興味深く研修を受けることができたとか。
経営理論やマーケティング実践について、様々な課題をこなす中で
ウェブ解析は異色のテーマだったようです。
実際の営業活動においても役に立つ内容だったことが評価につながったようです。
さらに、新人の方々がウェブになれていると言うことも一因でした。

当初は、ウェブ解析が新人研修に受け入れられるか?
経営者にとって付加価値の高い研修とみとめていただけるのか?
少し不安なところがありましたが、杞憂に終わりました。
高評価を得てちょっぴり自信をつけました。

さっそく、来年度の企業研修を受注しました。
うれしい受注です。(企業研修専門に転向しようかな)

考えてみれば、ウェブ解析とはそもそも誰のためにあるのでしょうね。
企業のオーナー、ウェブ担当者、広報、人事、営業、顧客…。
いろいろな立場でそのサイトに関わりがあります。
事業の成果とは、その企業だけではなくて、そのサイトに関わるすべての人。
と言い換えてもいいかもしれませんね。
ウェブサイトを中心にした視点から、人間を中心にした視点にシフトして
少し離れたところからウェブ解析を眺めた方が発想の転換につながりそうです。

ウェブ解析の講習では、ウェブを直接担当するような結びつきが強い人を対象にしていました。勢い内容は専門的にならざるを得ません。
しかし、今回の企業研修の手応えから、ウェブから少し距離を置いた方々を支援するような内容にも少しずつ広げていきたいと思います。

Web解析士のあなたも考えてみませんか?
営業マンの成果につながるウェブ解析とは?

ウェブ解析の広がりを感じます。


◇「ウェブ解析士 提案の実践法則!」 http://www.kameikoji.jp ◇

BtoBを考える

ウェブ解析士マスターの亀井耕二です。

私はウェブ解析士を集めて勉強会を開いています。
今年の2月から始めて4回の開催。5回目は大阪で開催する予定です。

ところで、いつもやってる勉強会。
ウェブ解析士のあなたなら、どんなテーマでお話しますか?
あなたのもつノウハウや知識を誰に、どのように伝えますか?
これがなかなか悩ましい。

毎回、各自の持つ経験値からいろいろなテーマで発表していただいています。
とにかく「なにか」を発表していただく。当人は自信がなくてもです。
でも聞く側にとってはけっこう刺激を受ける内容だったりします。

いままで自分が意識していなかった側面を刺激されるのでしょうね。
ウェブ解析のみの知識だけでは自分自身が向上できません。
さまざまな事例の経験やものの見方を吸収しないといけません。

そこで、5回目となる今回は、BtoB広告協会とコラボで勉強会を開催することにしました。
ウェブ解析というと、どうしてもB2Cの話題が中心となります。
このままではマンネリ化してしまうかもしれません。
新しい刺激を受け入れるために、あえて違う角度から勉強テーマを取り入れてみることにしました。

BtoB広告協会でも定期的にウェブセミナーというのを開催されています。
ちょうど、タイミングが合いました。
また、どうせなら、産業人クラブの方々にも声かけして集まっていただこうかと。
産業人クラブというのは、東大阪を拠点とした「もの作り企業」の集まりです。
ほとんどが中小企業のオーナーが会員です。

 いつもは名だたる企業の広報部門の方々等の事例発表が中心となるそうですが、
今回はウェブ解析士軍団?の話題を中心にしてプログラムを組みます。

さて、われわれはどのように勉強会を企画したら良いのでしょう?
BtoBをテーマに勉強会の仲間たちと発表内容やスタイル、切り口などを今から
決めていかなければなりません。
BtoB広告協会の会員は、そのほとんどが一部上場の企業です。
加えて中小企業のオーナーも参加するでしょう。
ほとんどの方々が、ウェブ解析の知識がありません。

今までと違う展開に、ちょっと、わくわくしてきました。
すべったらどうしよう!などと考えている余裕はありません。

「BtoB企業にとってのウェブ解析とは」をどのように伝えるか?

勉強会は12月5日(木)を予定してます。
協会のページでも告知させていただきます。
興味のある方はご参加ください。

◇「ウェブ解析士 提案の実践法則!」 http://www.kameikoji.jp ◇