ランディングページを考える

ユーザーからメールからランディングページへの誘導について相談をうけることが多い。

 

ランディングページの作り方って、いろいろあるけど。

どうしたらいいのでしょう?

 

物品販売なら、ズバリ、その商品のみ購入できるページにするべきです。

たくさんあったら、その場で買いません。

 

なぜなら、迷うからです。

 

今度にしとこ。

 

いそがしい方なら、まず、こう思うはずです。

だから、いま、買っとこかって。ボタンを押してもらう工夫をしないといけません。

 

それと。

そのランディングページって、誰がみても同じページではありませんか?

 

それでは面白くない。

 

私なら、そのユーザー専用のランディングページを作るでしょうね。

 

なぜ?

 

そのほうがインパクトが強いからですよ。

 

あなただって、「ええええっ〜、このページ。オレ専用に作ってるやん!」

って驚いたら、ちょっとは買う気が起こるでしょ。


なに?作るのが大変?

 

当たり前です。楽して商売はできまへん。← なにわの商人

 

どうやって作る?

 

もちろん。プログラムで。手作業でやってられまっかいな。

 

そんなんできへん?

 

やり方ありますよ。← これは、ないしょ。

 

今、新しいギミックを仕入れようと勉強中です。

 

勉強中のサイトはここ。

 

http://www.dynamicdrive.com

 

さあ、どれを試そうかな。

迷う。← いつも