Day2の楽しみ

Day2は講座と試験の二つのイベントがある。

課題レポートもあるし、修了レポートもある。


ボクは、修了レポートが気に入っている。

やはり、なんといっても実践ですぐに使えるフォーマットを作れるのがよいところ。

それも、自分のカラーを前面に押し出して作成できる。


良い提案書の定義はむずかしいが、協会が提示する提案書はそんなに悪くないと思っている。

多面的な分析は必要だし、我流でやるよりはるかに良いだろう。


色使いまで採点の対象になるので、見た目も重視しているのも特徴。

内容で勝負と言いたいところだが、哀しいかな見た目で採用不採用が決まることだってある。


ところで、ボク自身は色彩に関するセンスがないと強く自覚している。

だからというわけではないが、一生懸命勉強して?、色彩検定2級を取得した。

ウェブサイトの色彩計画に役立つかと思ってのこと。5年以上も前の話。


ボクのファッションが変わったかと言うことは置いといて(まったく変わっていない)、サイトの色使いについては迷いがなくなったので色彩検定には感謝している。あっ、部屋のカーテンの色の選択にも役になったな。でも、色彩検定の話はめったに人に言うことはない。


これが意外に役にたったのが、修了レポートを初めとするパワーポイントのテンプレート。

いろいろ試行錯誤して、現在のテンプレートに落ち着いている。

紺と薄いブラウンの60度の色角度を利用した配色で、グレイッシュトーンにしているのがボクの好みだ。

少しでも、落ち着きのある信用されそうな安定感を出したいと企んだ。笑

効果があるかどうかは定かではない。


自己表現力もウェブ解析士に問われる資質。

参加者のみなさんのデザインをみせていただくのも講師として楽しみにしています。