ウェブ解析士認定講座

ウェブ解析士認定講座には3つのタイプがある!

次の3つがあります。

  1. ウェブ解析士認定講座(→ ウェブ解析士認定講座とは
  2. 上級ウェブ解析士認定講座(→ 上級ウェブ解析士認定講座とは
  3. ウェブ解析士マスター認定講座 (→ ウェブ解析士マスター認定講座とは

このうち、1と2は「ウェブ解析士マスター」が講師をします。

3は、ウェブ解析士協会が実施してます。

どの認定講座を目指したらいいのか?

いままで、受講された方々との会話やアンケート結果から、たぶん、こんな感じなんやろなっていうところをお話します。

あくまでも、私個人の意見としてお読みください。

● 企業のウェブ担当者


もし、あなたがどこかの企業のサイトの担当者で、しかも、たった1人。

それでいて周囲に誰も頼りになる人がいない。上司や仲間は知らんぷり。

で、売上げを変に期待されてる...。← どないせえって言うねん。という1人突っ込み。

 

外注してる場合、ベンダーの言うことがよくわからない

リスティング広告費用ばっかりかかってちっとも売上げに貢献してない

自分流のやり方が正しいのかどうか不安だ。

 

ウェブ解析士」の受講をオススメします。

 

少しはモヤモヤが晴れるはずです。

受講料21000円は少し高いと感じるかもしれませんね。

でも、有料セミナーを2つ、3つ受講しても同じくらいかかります。

 

ウェブ解析士のテキストがよく出来てる。(ほんとにそう思います)

他にこんなに詳細に記述された本を見たことがありません。

 

あなたが企業担当者なら、私の経験談が参考になるかもしれません。

私も同じような担当者として10数年経験してきましたから。

 

もし、日程が合えば、私のウェブ解析士講座を受けてみませんか。

少人数開催をモットーにしてます。(真剣に勉強する気のない方はお断りします)

 

● ウェブ制作の業界って厳しくなってきた!って不安に思っているクリエーターの方


私もそう思いますよ。

このサイトも「みんビズ」を使ってサクサク作ってますから。

制作のお仕事はますます単価が安くなって競争が激しくなるでしょうね。

 

だから、あなたがウェブ制作の業界の方なら、ますます厳しい環境になるでしょう。 

他と差別化を図らないと生きていけません。

マーケティングのノウハウやアクセス解析に優れていたほうが有利ですもんね。

でも、あなたは残念ながらマーケティングの専門家ではない

 

いくら勉強しても、相手があなたのことを「専門家ではない」と思っている限り、

あなたは決して専門家として見なされない。それが厳しい現実の世界です。

 

まずは「ウェブ解析士」を受けてみて、最終的に「上級ウェブ解析士」を目指したらいかがでしょう。

 

聞いたことがない資格?

そりゃそうですよ。最近出来たばっかりですからね。

 

でも、名刺に刷っていたら、なんとなく「詳しそう」だと思ってもらえるかもしれません。

相手があなたの話を聞いてくれるチャンスが広がるかもしれません。

それだけでもラッキーです。

 

それに...。けっこう勉強しないと取得できません。

最近の「上級ウェブ解析士」は、ますます高度になってきました。

 

ネットショップをやってるけど、いまいち売上げが少ないと悩んでいる方


あれこれ工夫して、なんとかネットショップの売上げを伸ばそうと頑張ってるが、いまいち売上げが伸びない。

 

ウェブマーケティングの知識もあるし、SEO対策もばっちり。

でも、売れない。

いや、正確には売れるが儲からない。でしょうね。

儲かっているのはリスティング広告だけ。

 

ウェブ解析士」を受けてみて自分のやり方を見直してみませんか。

そのうえで、「上級ウェブ解析士」を目指したらいかがでしょう。

 

なにかヒントが見えてくるかもしれません。

 

誤解のないように付け加えとくと、ウェブ解析士を取得したからといって

売上げは倍増なんかしません。(きっと)

 

巷に、そんな売り文句のウェブセミナーがありますが「客寄せのためのタイトル」です。

魔法のテクニックなんてありませんし、あったとしても一時的なものです。

 

あなたが大まじめに事業としてネットショップに取り組んでおられるなら

「ウェブ解析士」は良いかもしれません。

少なくとも、事業運営のための手順を学ぶことができます。

 

● 就活に生かそうと考える学生さん


就活に有利かって聞かれたら、まず、こう答えます。

 

「ウェブ解析士の資格を取るための勉強は実務にとても役立ちます。
資格としてはまだ新しいので、資格だけで採用の状況が大きく変わることにはまだなっていません。が、学んだことは実務に確実に役立つことばかりです。是非、チャレンジしてください。」

 

しかし、こうも答えます。

 

「あなたがやりたいことは何ですか?そのやりたいことにこの資格が本当に必要ですか?

とにかく何か資格を取っておこうというのなら、やめときなさい。お金と時間が無駄です。」

 

この資格はまだまだできたてのホヤホヤ。

就活の人事担当者も知らない。(ウェブ制作会社は別かも)

 

あなたが就きたい職業(会社)に、

あなたがやりたいことがあって、

そこにウェブ解析(アクセス解析やウェブマーケティングの知識)が必要なら、

ウェブ解析士」を受けると良いでしょう。

 

でも、だからといって就活に有利になるとは思いません

むしろ、自分への投資という考えで受講しないと身につかないでしょう。

 

● ウェブのことを相談されても困ると思っているコンサルタントの方


これ、けっこうマジな悩みだったりするわけですよ。

ウェブ解析(アクセス解析)なんていうジャンルはここ数年に出てきたもの。

 

プロのコンサルやっている方はそれなりに経験を積んでおられます。

だから、中高年以上の方が多い。みなさん、勉強熱心な方ばかりです。

 

しかし、アクセス解析の知識なぞ持ち合わせていない人の方がはるかに多い。

だって、このジャンルはここ数年のものだからです。

ノウハウもまだまだこれからで、体系立っていない。

 

「先生。うちのサイトの売上げを増やすのにはどうしたらいいんでしょう。」

あるとき、クライアントから相談されたりするんですな。

 

ウェブ解析士」を受けておくと基本的な知識は身につきます。

コンサルの方は、すでに事業の成果を上げるための実務的ノウハウをお持ちでしょう。

上級ウェブ解析士」のテキストの30%くらいの知識はすでにお持ちのはずです。

 

「上級ウェブ解析士」取得するためには「初級ウェブ解析士」が必須です。

すべてを取得するのに2~3ヶ月かかります。

いかがですか?

● ウェブ解析士の講師をやりたいという方


あるいは、さらなる高みを目指したいと思っている方。高みかどうかはわかりませんが、「ウェブ解析士マスター」しかありません。

かなり過酷な講座ですが、向上心で瞳がメラメラ燃えている方ならオススメです。

誤解を招かないように付け加えておきますが、実際のコンサル業務は「上級ウェブ解析士」で十分だと思います。